CAD教室ヘッド
神奈川県横浜市磯子区磯子3-1-5-102
電話:045-754-8181
FAX:045-754-8180
           
●会社沿革   ●お問合せ・ご案内   [A]基礎1日コース  [B]基礎実践3日コース  [C]実務実践3日コース   ●電子書籍販売のご案内        
    
 
 ■■ブログ■■
  パソコン塾ヘッドの[ブログ]を
   閲覧することができます。







YokohamaBayBridge


■AutoCADを導入し、設計図面を描いて30年、
 経験と実績で培ったノウハウでご指導いたします。

■「図表」・「イラスト」・「写真」で「わかりやすく」解説した実務重点の
  オリジナルテキストを使用します。

■受講生1~3名に対して講師1名の対面授業の個人指導です。
 ●質問は、いつでもできます。わかり易く丁寧に説明いたします。

■国内各地へCAD操作技術の出前講義を承ります。
 ●使い慣れたパソコンと現在のバージョンで受講することができます。
 ●業務に合せた効果的な内容で受講することができます。
      ■■出張CAD教室■■
 ・建築電気設備の設計経験50年
 ・AutoCADで図面を描いて30年
 ・実績と経験、培ったノウハウで、
   国内各地へベテランがお伺いして、ご指導いたします。

 ・AutoCAD/AutoCADLT(2D)の操作技術を習得することを
  
目的としています。
 ・使い慣れたパソコンとCADソフトバージョン(2004~2020)を
  使用できます。
 ・ご希望の内容をカリキュラムに取り入れた
  即戦的、効果的な構成です
 ・Hands-on形式の実技指導です・
 ・わからないこと、理解できないことは、
  その場で質問、その場で解決して一歩先へ進めます。
 ・製図テキスト:厚生労働省認定教材
  CADテキスト:当教室オリジナル版

[A] 基礎1日コース
■このような方に最適な講座です■
◎図面をはじめから描くことはないが、検図等チェックによる
  修正・訂正・変更ができればよい。
◎設計部門等が繁忙時に応援ができるようになりたい。
◎企画・営業活動・提案等で必要な説明用図面を描けるようになりたい。


[B] 基礎実践3日コース
■このような方に最適な講座です■
◎AutoCADを基礎からはじめたい
◎AutoCADをやり直したい
◎他のCADから乗り換えを希望している
◎図面を起こすことからはじめて、
  設定・作成・修正・編集・印刷ができるようになりたい。


[C] 実務実践3日コース
■このような方に最適な講座です■
◎図面を効率よく作図したい
◎生産性を向上させたい
◎ワード、エクセル、ラスターイメージ等をCADに取り込み利用できるようになりたい


 建築電気設備シンボル(ブロック)集 CD版 
ISBN 978-4-9906135-1-8
■建築電気設備シンボル(ブロック)集 CD版(内容見本)です。(PDF)

■建築・土木・環境・エネルギー・機械・通信情報・製造・
 交通・農林水産など全ての分野/業種でご利用できます。
■屋内配線用図記号・制御機器番号付
  シーケンス制御用展開接続図・記号
■屋内配線用図記号(シンボル)を
 平面図、天井伏図に配置できます。
■ダイナミックブロックは、指定したオブジェクトに対して
  「水平」または「垂直」方向に配置されます。
 
[ダイナミックブロックの使い方]を
  具体例により説明しています。(PDF)
 こちらから
■照明器具は、実寸配置となっています。
  挿入時、図面尺度の指定は、不要です。


ご購入は電子書籍販売のご案内
をご覧ください。

  ■■Hop,Step,and Jump AUTOCADLT■■
 ・AutoCAD/AutoCADLTは、業種別に特化されていない
  汎用CADです。
 ・これからAutoCADLTをはじめる方、使いはじめて1年未満の方を
  対象に、CAD操作方法を実践的に習得する研修です。
 ・当教室の卒業生(約600余名)の質疑から、基本コマンドと
  作図補助機能の使い方をQandA形式で解説します。
 ・ジャンプといっても”上に跳ぶ”ことではなく、”前に跳ぶ”ことです。
 ・この最初の”ホップ”が大切です。腕にしっかりと反動をつけて前に
  放り出すようにするのがよいときいています。
 ・CAD操作に必要な基本的な事柄を習得すれば前に大きくジャンプ
  することができます。裏技も近道もありません。

          ■■製図一般・作図■■
【製図・JIS】
 ・製図とは、設計情報です。製図には、基本ルールがあります。
  共通ルールとしてJIS規格があり、JIS規格を元として
  企業ごとに社内規格があります。
 ・製図は、日本工業規格(JIS)で規定されています。
 ・製図総則(JIS Z 8310)があります。
 ・領域で分類されるものとして、表示方法、記号類の扱い方に
  特殊な表記法があります。
  土木製図、建築製図、機械製図と呼ばれています。
  JIS A : 土木及び建築
  JIS B : 一般機械
    ~
  JIS Z : その他            などです。
 ・業種、分野などそれぞれの領域でも共通となる
  JIS Z 8114 : 製図-製図用語
  JIS Z 8310 : 製図総則
  JIS Z 8313 : 製図-文字
  JIS Z 8314 : 製図-尺度
  JIS Z 8315 : 製図-投影法   について学習します。

【作図】
 ・図面の読み方、図面の描き方を学習します。
 ・二次元図で三次元立体形状を表現することが必要です。
 ・立体形状(三次元)を平面図、側面図に展開して
  正確に理解する能力が必要不可欠です。
 ・基礎的な作図(線分のn等分)
 ・直線、円弧、つなぎ方
 ・楕円の描き方
 ・サイクロイド曲線
 ・インボリュート曲線      等の描き方を学習します。

●CAD操作のコツ
●作図環境設定のいろいろ

●ミニCAD講座(幾何)
●はじめてのAutoCADLTブログ講座
●キュービクル式 高圧受変電設備[CB形]設計と施工記録


 【お問い合せ】
電話 :平日 09:00~21:00   045-754-8181
 FAX:24時間受付           045-754-8180
有限会社英設備設計事務所(創業1979年)
  CAD教室ヘッド
〒235-0016
神奈川県横浜市磯子区磯子3-1-5-102